2009年05月14日

44病院が新型インフル対応準備中 県対策委で報告

人気ブログランキングに参加してます。
↓クリック↓お願いします。
人気ブログランキングへ

[PR]自動収入プログラム 即金アフィリ実践記

医師や薬剤師ら医療関係者を交えた県新型インフルエンザ対策委員会が12日、県庁であり、県内のまん延期(大流行期)に予想される対策などについて話し合った。
 前回の委員会は3月で、新型インフルエンザ患者が海外で発生してから初めて。県は3日現在、国内での発生初期には13病院が対応準備を完了したほか、まん延前の感染拡大期に向けて、別の44病院が対応を準備していると報告した。
 患者から医師への感染を防ぐ予防投与分として、県は備蓄している18万2000人分の抗インフルエンザ薬の1%を医師に割り当てる計画だが、県医師会は増量を求めた。また県医薬品卸協同組合は「一部の卸にはもう全然入ってこない」と窮状を訴えた。
 委員会後、県立須坂病院長の斉藤博委員長は報道陣に「課題は山積だが、今なら動ける」と話した。県は委員会の議論を含め、地域の実情に即したまん延期の医療体制を検討するよう、各保健所と医療機関などに通知する方針。

新型インフルエンザ予防


[PR]SEXYランジェリーショップ



[PR]DVDセレクション ビジネス・経済BOOK専門店
古いパソコンでも使える軽量タブブラウザ「Lunascape4 Lite」を無料ダウンロード2525ショップ

posted by けん at 03:58 | Comment(0) | ニュース国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

新型インフル 国内初の「感染疑い例」はカナダから帰国の横浜市の高校生

人気ブログランキングに参加してます。
↓クリック↓お願いします。
人気ブログランキングへ

[PR]自動収入プログラム 即金アフィリ実践記
新型インフルエンザ問題で、厚生労働省は1日までに、日本国内で初めて「感染疑い例」の患者を確認した。感染が疑われているのは横浜市に住む高校生(17)。

 高校生は4月25日まで、カナダのブリティッシュコロンビア州に修学旅行に行っていたとされる。発熱、せき、たんの症状が出ているという。

 世界保健機関(WHO)が、新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)について警告を発した4月24日以降、日本で「感染疑い例」が出たのは初めて。WHOにも報告される。

 記者会見した舛添厚労相によると、この高校生は簡易検査でインフルエンザA型の陽性反応が出た。現在は感染症専門の施設で治療を受けている。新型インフルエンザか季節性インフルエンザかは今後の詳細な検査で明らかになるが、結果判明には1日程度かかるという。

 今後、同行者、利用した航空便などの調査を行うという。

 「新型インフルエンザということであれば、対応が遅れてはならない。早期に発見し、治療すればタミフル、リレンザの投与で治る。大事を取りたいと思っている。正確な情報をお知らせするので、落ち着いて行動していただきたい。(新型インフルが)判明したわけではない」と落ち着いた行動を呼びかけた上で、マスクの着用、不要不急な外出を控えることなどの対応を求めた。

豚インフルエンザ予防
[PR]SEXYランジェリーショップ


[PR]DVDセレクション ビジネス・経済BOOK専門店
古いパソコンでも使える軽量タブブラウザ「Lunascape4 Lite」を無料ダウンロード2525ショップ

posted by けん at 03:52 | Comment(0) | ニュース国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

カラオケ大国支える音のコピー職人 那須博さん

人気ブログランキングに参加してます。
↓クリック↓お願いします。
人気ブログランキングへ

[PR]自動収入プログラム 即金アフィリ実践記

「仕事の醍醐味ですか? 原曲に限りなく近づいてコピーできたときですね」
国内だけで10万ともいわれるカラオケの楽曲。あの一曲一曲が、手作業によるコピーで制作されていることを知っている人は少ないのではないか。誰かが原曲から歌詞を抜いているわけでも、レコード会社から自動的にカラオケ盤が送られてくるわけでもないのである。

 東京都板橋区のマンションの1室。音響機器がずらりと並ぶ自宅の6畳間が収録スタジオだ。現在主流の通信カラオケは電話回線などを使って音符データを端末機に送信し、内蔵された音源を鳴らす。カラオケ各社は系列の音源制作会社に、原曲とそっくりのデータを制作するよう発注し、その下請けを担うのが、彼のような「音のコピー職人」たちだ。

 「アレンジャー(編曲家)」とも呼ばれるが、仕事は単純に言えば、届いたサンプル曲を聞きながら、専用のコンピューターにピアノ、ドラム、ギターなどに対応する音符データを打ち込んで曲を再現していくこと。収入は1曲あたり5万〜6万円で、月6〜7曲ほど手がけている。

 「簡単なもので2日、難しいものは1週間かかる」という音符データにはその後、歌詞のテロップや映像が施されて商品となり、新曲の発売日にあわせてリリースされる。

 たまたまヘッドホンから流れていたサンプル曲はNHKの子供向け番組の挿入歌。楽譜があるわけではないため、「頼りは自分の音感だけ」。集中力も半端ではない。「別の音に隠れて聞き取りにくい場合は、何十回と同じパートを聞き返したり、別のパートを聞いて音を割り出していく」という。

 “音の探偵”でもある。

                  ◇

 国内に100人以上いるとされるカラオケのコピー職人の中で、「トップ5に入る腕前の持ち主」(業界関係者)と認められた存在だ。約15年のキャリアで、手がけた曲は演歌やポップスなど1000以上に及ぶ。

 「職人」たちの大半はミュージシャンなどの音楽関係者だが、彼も例外ではない。昭和56年にリリースされ、49万枚の売り上げを記録した『キッスは目にして!』などを世に出した「ザ・ヴィーナス」(54〜59年)のギタリストとして活躍した。

 当時は楽器による生演奏が好きで、コンピューターの電子音に興味はなかった。都内のスタジオでミュージシャンの坂本龍一(57)がコンピューターで曲を収録する現場に遭遇したときも、「触って壊すと危ない。半径1メートル以内に近づかないようにしよう」と思っていたという。

 「ザ・ヴィーナス」解散後、別のユニットで組んだ相方の影響で、専門外のドラムやベースを電子音で作曲するようになった。カラオケの仕事は15年ほど前、知人の紹介がきっかけだった。

 「オーケストラによるスケールの大きな曲でも1人で作れてしまうところが魅力」といい、以前よりも、曲を隅々まできめ細かく聞くようになった。同時に、自分の音感が、これまで以上にとぎすまされていくのを感じたという。

 日本発祥のカラオケは、国内だけでも年間4000万人以上が利用し、世界にも愛好者は少なくない。最近では人件費の安いアジアにも「職人」の仕事は発注されるようになったが、日本ほど完成度は高くないという。

 「カラオケのコピーの仕事は、やはり手先が器用でまじめな日本人にあっているんでしょうね」

                  ◇

 3年ほど前、医者から職業性難聴といわれた。1日中ヘッドホンを付ける生活が明らかに影響していた。同じ姿勢を続けるため、エコノミークラス症候群に陥りやすいと指摘されたこともあった。日課の散歩は今や欠かせないという。

 作曲事情も変化している。最近は音楽知識がなくてもパソコンで簡単に曲が作れるため、「プロの発想にはない曲が増えて、コピーにも時間がかかる」。爆発音や馬の鳴き声が入っている曲などはその1例だ。

 ただ、仕事へのモチベーションは決して下がっていない。独創性あふれる外国の一流アーティストが演奏に参加した曲は、コピーに時間はかかるものの手応えも大きい。「めんどくさくて楽しい」と表現するそんな瞬間が、ミュージシャンの血を騒がせる。

 5年前に結婚した同業者の妻、恭子(47)とはいつかユニットを組むことを夢見るが、カラオケの仕事では今後も黒子に徹するつもりだ。

 「自分がコピーした曲で、お客さんが楽しんで歌ってくれれば、それでいい」

 静かな口調には、カラオケ大国を支える職人のプライドがにじんでいた。 =敬称略

カラオケを縁の下で支えている人なのですね。
すごく尊敬します。

[PR]DVDセレクション ビジネス・経済BOOK専門店
古いパソコンでも使える軽量タブブラウザ「Lunascape4 Lite」を無料ダウンロード2525ショップ

posted by けん at 11:09 | Comment(0) | ニュース国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。